兵庫県西脇市 住宅リフォーム・増改築・新築・ローコスト住宅など… 住まいのことならお任せ下さい!家づくりのお役立ちサイト

|サイトマップ| 
株式会社 七福建設

大切なお客様

七福建設トップページへ

七福建設トップページ

スタッフブログ
新人建築士の奮闘日記

地域ニュース

七福建設も参加しています
チャレンジ25%
〜チャレンジ25%とは?〜

深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。
世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。そしてさらに2020年までに1990年比で25%削減する。これを実現するためのキャンペーン、それがチャレンジ25%です。

季節は夏!朝井アドバイザーと一緒に小野市の藤井様のお宅に到着。
門扉をくぐり玄関に向かう左側に、とっても広くて丁寧に手入れされた庭が目に入りました。
(広いな〜)。
セミの声、百日紅(サルスベリ)の花、くっきりとした白い入道雲、かすんで見える里山、
遠くで鳴っている雷鳴、風鈴を揺らせて通り抜けるやわらかな風、
まるで、世界中が時をとめたような感じです。
汗をぬぐいながら家人を待つ私と朝井。どんな人かな?と少し緊張、ドキドキしましたが…
家の中からとっても明るくて、気さくな奥様が出てこられました。
それではインタビュースタートです。


奥様:
一番最初は、七福建設さんの姉妹店の庭づくリ専門店グリーンフィールド(http://www.greenfields-729.com)で植栽の相談をしたのがきっかけなんです。もう少し詳しく言うと、グリーンフィールドでフラワーアレンジメント教室の先生をされているTさんの紹介で、お店に伺った時からお付き合いが始まりましたね。さっそく担当者の方の説明を受け、植栽とガーデン工事をお願いしたのですが、そのときの植栽のセッティングやガーデン工事のセンスが私の感性にピッタリ合ったんですよね。それがきっかけで花を買ったり、ガーデン雑貨を買ったりと、ちょくちょくお店を利用させていただいてました。

朝井:
藤井様は、もともとはグリーンフィールドに水周りのリフォームの相談にいらしたんですよね!

奥様:
そうなんです。水周りのリフォームをしたいと考えたときに、庭の工事をしていただいた時のセンスがすごく気に入っていましたので、同じような感性で水周りの工事もお願いしたいと思って相談にいったんです。そしてその時に、グリーンフィールドの店長さんから、七福建設の朝井さんを紹介していただいたんです。

朝井:
藤井様と始めてお出会いし、グリーンフィールドのセンスで水周りのリフォームをして欲しいということで、正直すごくプレッシャーでしたねー…(笑)。

藤井:
私はアンティークで古風なものが好きですし、自然素材などにもすごくこだわります。そして、どんなときも自分の感性をすごく大切にしてるんですよね。だからいろいろと自分自身であれこれと考えて、工夫して、ありきたりじゃない、自分だけの家づくりをするのがとても好きなんです。

すごーく広いお庭の藤井様のお宅です。
それでは、
おじゃましま〜す。
ご主人が丁寧にお手入れ
された和風庭園。
枕木を上手に利用して
造られた花壇。
 
奥様:
アンティークを基調に、大正浪漫(ろまん)といいますか、レトロモダンを基調に朝井さんと一緒にくつろぎの空間を考えました。私の思いや考えに対して、朝井さんからプロとしてのアドバイスも沢山いただきました。そうして出来上がった洗面所の入り口の引き戸は、昔のわが家の格子戸なんですよ。そして中に入ってみると手作り感いっぱいの洗面台と洗濯機コーナー。トイレは和風庭園の感じに、光の演出をしてみました。

朝井:
ここのトイレ、すごく落ち着くんですよね…(笑)。
しかも、部屋のところどころに竹やランプ、手作りのカーテンなどが付けられているのですが、これは藤井さんがご自身で考えて、細かい作業をされています。藤井さんの繊細な、家づくりに対する感性が感じられますね

玄関に入ったとたん、
そこは大正ロマンの時代に。
タイムスリップしたみたい…
でした。
洗面所の入口の引き戸は
昔格子戸として使用していた
ものを再利用。
奥様の感性にピッタリの
手作り感溢れる洗面台。

お部屋を拝見させていただくと、古い家具や、昔懐かしい扇風機や、陶器のようなものが本当にたくさんありますね〜。

奥様:
そうなんです、わが家の家づくりに欠かせないのが、このアンティーク家具なんです。
リビングをはじめ、玄関、寝室、客間など、随所にアンティーク家具を飾っています。
色も形もどれひとつ同じモノはない。骨董屋さんで見つけた物もあれば、粗大ごみで捨てられていた古い扇風機など、その役目を果たし自然に変色したものなどは、アンティーク家具として再びよみがえるんです。

「さてさて、この陶器はどこに使おうか?家とのバランスは?部屋との色の相性は?」
と、思いを巡らせてみます。同じモノがないからこそ、生かし方が難しいんですよね。
だからしっくり来なければ何度でもやり直す。そしてこの作業がすごく楽しいんです。

朝井:
なるほど…ところで玄関を入ったところに、水車のようなものや陶器などが置いてありますが、これはもともとは何だったのですか?

奥様:
水車のようなものは、昔の糸巻き機です。この玄関を見てどう思われましたか?
私が最も大切にしているものは、おもてなしの心なんです。私はアロマテラピーの先生でもあるんですが、家族だけじゃなく、わが家に来られたお客様が、それを見て何となく癒されて、くつろぎを感じていただいたり、うれしい驚きや不思議を感じてくれる瞬間が、何よりのねぎらいの時間なんです。そんなことをいつも考えながら部屋のレイアウトなどを考えているんですよ。

朝井:
なるほど、そこまで考えてレイアウトされているんですねー…(スゴイです!)

洗濯機も部屋との色の相性を
考えています。
トイレは和風庭園と
光の共演です。
「わび」「さび」の世界を演出した
落ち着いた雰囲気の客間。
 
奥様:
まずどこに頼むか?ということ。つまりいいパートナーを選ぶことですね。
自分のことを本当に親身になって考えてくれる業者さんを選びたいですね。そして、業者さんを決めた後も任せっきりにしないで、一緒になって考えてリフォームをしていくことが大切です。一番大切なのは自分の感性を大切にして、楽しみながらリフォームするということだと私は思っています。それと、もうひとつ大切なことは、物を大切にする心ですかねぇ〜。

朝井:
藤井様、今日はお忙しい中ありがとうございました。お話をお聞きして「おもてなしの心」の大切さを教わったような気がします。これからの私の仕事にも生かしていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

部屋のいたるところで活躍する
アンティーク家具たち…。

藤井様、お忙しい中、素敵なひとときを
ありがとうございました。

 

藤井様のお宅は、まさに大正浪漫を感じさせる、アンティークな雰囲気でいっぱいでした。奥様もとても快活な方で、ついつい楽しくて、思わず時が立つのも忘れて話し込んでしまいました。
家の中には古い扇風機、脱穀機?これも家具?というものがたくさんありました。見ようによっては「粗大ゴミ」と見えるもの。
しかし使い方次第で「宝物」に変えてしまうのが藤井マジックですね。古い家具たちが、自分の存在を静かに語りかけてくる…
まさにそんな感じでした。

藤井様、これからも感性を大切に、立ち止まらず、前に進みながら、次の家づくりにチャレンジしてくださいね!真夏の暑い中、素敵なひとときを本当にありがとうございました。


戻る





メールでのお問合せはこちらから
お見積もり お問い合わせ


兵庫県 西脇市 リフォーム・新築の七福建設ホームページ 〜住宅リフォーム 注文住宅 増改築工事〜
七福建設が選ばれる 七つの理由リフォーム相談会住まいのお手入れワンポイントアドバイス
増改築・リフォームのアイデアとヒント不動産・土地情報七福建設がつくる家構造・完成見学会無料設計・家づくり相談会
家づくりQ&A家づくり専門知識(新築編)家づくりワンポイントただいま施工中(新築編)資金計画
リフォームメニューリフォームの手順リフォームQ&AガーデニングQ&A住宅リフォーム相談会
家づくり専門知識(リフォーム編)ただいま施工中(リフォーム編)七福建設オリジナルサービス
うれしい!お客様の声 [動画編]うれしい!お客様の声 1うれしい!お客様の声 2お客様から頂いたハガキ
こだわりの家おじゃましま〜すこだわりのお店おじゃましま〜す会社概要・沿革リンク&相互リンク免責事項