兵庫県西脇市 住宅リフォーム・増改築・新築・ローコスト住宅など… 住まいのことならお任せ下さい!家づくりのお役立ちサイト

|サイトマップ| 
株式会社 七福建設

大切なお客様

七福建設トップページへ

七福建設トップページ

スタッフブログ
新人建築士の奮闘日記

地域ニュース

七福建設も参加しています
チャレンジ25%
〜チャレンジ25%とは?〜

深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。
世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。そしてさらに2020年までに1990年比で25%削減する。これを実現するためのキャンペーン、それがチャレンジ25%です。


このコーナーでは、普段あまりお目にかかれない施工過程、様変わりした施工後を、
コメント付きでみなさんにお届けします♪


 
床の下地(大引・根太)と捨て貼12o合板の施工が終わり、床暖房の工事に入りました。この現場で採用する床暖房は、電気でパネル式になってます。
パネルの中身は、下から断熱材、シリコンヒーター、遠赤外線を放射する特殊なアルミ製放熱板で合計12o厚さになってます。なぜ12oになっているかという理由のひとつに床暖房のパネルをひく必要のない部分(部屋の隅とか家具・キッチンなどを置く所)が12oの合板ですむからです。12oの厚さで下に熱が逃げないのかな?と疑問に思われる方がおられるかもしれませんが、シリコンヒーターが片方にしか放熱しにくく改良されているのとアルミ放熱板の熱伝導率が、高いのでほとんど下に熱がいきにくくなっています。でも下から少しでも冷気があがってくるのは、非効率なので、床下地の下に断熱材を入れています。
 

電気式パネル床暖房の施工模様です。このようにいろいろな長さのパネルを組み合わせて必要な施工部分に施工していきます。(幅は決まってます)
 

床下の断熱が無くとも施工可能なんですが、せっかく床下地から施工するので、根太と根太の間に断熱材、ビーズ法ポリスチレンフォーム、独立発泡樹脂(発泡プラスチック系)を入れています。

床暖房のパネルを床に固定するのに床暖房用のボンドを塗って釘で止めます。
すきな所に釘打ちはできないので、このように釘打ち箇所に印がしてあります。
 

右側が照明のスイッチボックスで、左側が床暖房専用のコントローラーのボックスです。赤い線が見えてますが、これは床暖房内の温度を測るセンサーです。これで温度の管理調整がおこなえます。
 


只今施工中(リフォーム編)のトップへ戻る





メールでのお問合せはこちらから
お見積もり お問い合わせ


兵庫県 西脇市 リフォーム・新築の七福建設ホームページ 〜住宅リフォーム 注文住宅 増改築工事〜
七福建設が選ばれる 七つの理由リフォーム相談会住まいのお手入れワンポイントアドバイス
増改築・リフォームのアイデアとヒント不動産・土地情報七福建設がつくる家構造・完成見学会無料設計・家づくり相談会
家づくりQ&A家づくり専門知識(新築編)家づくりワンポイントただいま施工中(新築編)資金計画
リフォームメニューリフォームの手順リフォームQ&AガーデニングQ&A住宅リフォーム相談会
家づくり専門知識(リフォーム編)ただいま施工中(リフォーム編)七福建設オリジナルサービス
うれしい!お客様の声 [動画編]うれしい!お客様の声 1うれしい!お客様の声 2お客様から頂いたハガキ
こだわりの家おじゃましま〜すこだわりのお店おじゃましま〜す会社概要・沿革リンク&相互リンク免責事項